今日から国際人? 英語を沢山使うインターナショナルアルバイトを一挙紹介

「英語を使ってお仕事できたらカッコいい」
このように考えている人たちは、少なくないのではないでしょうか。また、すでに持っている英語力をスキルアップしたいという理由や、英語を話せるようになりたいという理由で、英語を使うアルバイトを始めるという人もいます。
では、英語を使うアルバイトとは具体的にどんなものがあるのでしょうか。今回は英語を使う機会にあふれたアルバイトをご紹介したいと思います。

1外国人御用達のカフェやレストラン

ビジネスで日本に滞在している外国人は大勢います。とくに都心にいけば、観光で海外からいらしている外国人にも負けないくらい、たくさん見ることができるでしょう。
そして、都心などには彼らが頻繁に使うカフェやレストランがけっこうあるのです。あるいは、オーナーが外国の方だったり、本店が海外にある場合、外国の方がよく訪れたりもします。
そのようなお店では「海外の方と英会話をしたい方におすすめ」と言った具合で、求人を出していることがよくあるのです。英語を早く覚えるコツは何と言っても実践です。仕事をしながら英会話を重ねることで、英語を話せるようになっていきます。

2民泊の案内スタッフ

いま海外からの観光客の方から熱い視線を受けているのが、民泊です。ホテルや旅館よりも安く気軽に泊まれることから、毎年利用者が急増しています。また、それに伴い民泊の数も増えているのです。
民泊の案内スタッフは利用客とメールでやりとりし、チェックイン当日やチェックアウトの日にお客様を案内したりします。
英会話だけでなく、英語のメールもできるようになるのでオススメです。また、英語の文章を考えられるかと心配な方も大丈夫。たいていの民泊会社ではメールのテンプレートが用意されています。
さらにはお客さんの案内の際に日本の観光名所についても聞かれるので、自然と自分の国について詳しくなれるのも魅力です。

3英会話スクールのスタッフ

英会話スクールのスタッフも、英語を使い学ぶことのできる仕事の一つです。
とはいっても、英語を教えるわけではありません。英語を教える外国人講師たちのお手伝いです。授業スケジュールの管理や連絡、教材準備など、英会話の先生たちとコミュニケーションをとることが多い仕事になります。ある意味お金をもらいながら、英会話の先生と英会話の練習ができるわけです。
さらには、先生と仲良くなれば彼ら彼女らの国の文化などについても、気軽に教えてくれることでしょう。
本日紹介した仕事の他にも、ホテルの受付や海外ゲームユーザーからのメールの対応、翻訳など。英語を使う仕事は少なくありません。みなさんも是非探してみましょう。